Education
Policy

 

教育理念

教育理念

子どもたちが大人になった時に世界のどこにいても、好きなことを好きな場所で好きなようにできる人になってほしい。

その理念のもと、くにたちキッズは毎日子どもたちと向き合っております。

教育目標

”世界には70億人以上いて、その半分の35億人の人たちが英語を話せるとして、その理由一つだけ取っても英語の勉強に意味がある。君が将来好きな場所で好きな仕事や生き方を選べるチャンスが英語の習得にあり、英語の勉強はその選択肢の幅を示す大きな役割を担っている。

もし、英語を話せるように日本語が話せたら、日本語を話せるように英語を話せたら君が大人になったときにどれほどの選択肢が君の目の前にあるだろうか。”

と、言われたとして高校生くらいになってもピンとくる子はいないかもしれません。

世界を見て現実を身を以て知り、子どもの時に英語の練習をしておけばよかった、という保護者のみなさまの想いがKKISというインターナショナルスクールとなりました。
バイリンガルになるための教育を通じて子どもたちは世界の広さを知ります。
言葉の壁を乗り越え、自由に行き来しながら文化の違いを理解した子どもたちはどこにいても能力を発揮できる大人になります。

くにたちキッズが掲げる教育理念はとてもシンプルです。

子どもたちが大人になった時に世界のどこにいても、好きなことを好きな場所で好きなようにできる人になってほしい。

子どもたちを見たときに、大人が必ず抱く数ある想いの一つです。
この単純だけど難しい願いにくにたちキッズは皆様と一緒に向き合います。

くにたちキッズインターナショナルスクール