School
Tour

保護者様の声

インターナショナルスクールの幼稚園に入園するにあたり不安はございましたか?

子供が英語でコミュニケーションできるか心配だったので、早めにプリスク-ル(2歳児コ-ス)から入園しました。入園してからは不安はありませんでした。

親が英語を話せないので事務的なことや、先生とコミュニケ-ションがきちんと取れるか心配でしたが、オフィスの方や先生方はバイリンガルの方(英語/日本語)が多く、親切に対応していただき安心しました。

共働きなのでPTAがあるか不安でしたがPTAはなく、長い時間みてもらえるのと、突然の急用ができても快くこどもを預かっていただけるの助かっています。

日本人としての礼儀や細かい心遣いが身につくか不安でしたが、こちらのスク-ルは日本とアメリカ両方の文化を大切にしているので、日本的なしつけ、あいさつ、食事のマナ-、お友達への配慮、感謝の気持ちなどをしっかり教えて頂きとても嬉しいです。


 

くにたちキッズインタ-ナショナルスク-ルを選んだ理由は?

カリキュラムがしっかりしていること。先生方が一生懸命に指導していること。勉強させてくれること。ランチが手作りで食育にチカラを入れていること。校舎・校庭・ジムが広く充実していること。

音楽室にはたくさんの種類の楽器があり、ジム、校庭、プ-ルは広く、情操教育を大切にされているスク-ルだと思ったから。

先生、オフィススタッフの方々の対応がとても丁寧で、安心できたので入園を決めました。


 

くにたちにキッズインタ-ナショナルスク-ルに入園して良かったことは?

先生方、事務スタッフ、みなさんが熱心に子供に接していることに感謝しています。

子供同士(兄弟)で英語を使う事が増えた。ランチでみんなと同じ物を食べるために苦手な物も頑張って食べている。

体育館やジムで体をたくさん動かし、平均台でバランスが取れるようにもなり、全くできなかった前転もできるようになりました。科学の時間では、スライムをクラスで作ったり、クッキングクラスでクッキーを作ったり、家では一緒にしてあげられないことを経験させてもらい、とても感謝しています。

子供が毎日学校に行くのを楽しいと思ってくれているところです。先生方にも恵まれて成長しています。普段耳に入ってこないネイティブ英語の単語が増えました。自宅でも英語を話す機会が増えよかったと思います。

子どもが楽しそうである。クラスメイト、保護者もみんな良い人ばかり。先生がとても親切である。アフタ-スク-ルがあるので、移動などせず習い事ができる。

こどもの個性、可能性をとても重視してくれるところが嬉しいです。


 

よくあるご質問と回答/Q&A

こちらには、保護者様から良くいただくご質問とその回答を集めました。
ご不明な点がございましたらお気軽に当スクールまでお問い合わせください。

くにたちキッズインターナショナルスクールは英語のバックグラウンドがない場合でも入れますか?

くにたちキッズはお子様に英語の知識がまったくない状態でも入園が可能です。インターナショナルスクールに興味をお持ちであれば年長さんからでも入園は可能ですので、一回は当スクールにお越し頂き英語教育の流れをご説明できればと思います。なお、当スクールのクラスの空き状況に関してはClass Availability/クラスの空き状況のリンクをご参照ください。

小学校からの入学に関しても英語の知識がほぼなかったとしても受け入れ不可能ということはございませんので、お気軽にご連絡ください。


 

面談・スクリーニングにはどれくらい時間がかかりますか?

くにたちキッズの面談・スクリーニングは学校の特色のご説明もございますが、それ以上に保護者の皆様の教育方針をお聞きすることをメインとしております。さらに学校へのご質問やインターナショナルスクールへの疑問もすべてにお答えをさせて頂きますので、すべて含めますと45分~2時間ほどかかります。お子様もご一緒に是非とも一回はお越し頂ければ幸いです。

》ご予約・お問い合わせはこちらから

 

くにたちキッズはどのようなカリキュラムで授業をしていますか?

くにたちキッズインターナショナルスクールのカリキュラムはIPC – International Primary Curriculumを土台とした月ごとのテーマに沿った授業を毎日行ない、学際的であるのと同時に一貫性のあるカリキュラムです。まず、月ごとのテーマにより知識を集中して学びます。次に学祭的、つまり生徒が一日の中で一つの教科で学んだことを全く異なる教科でも繋がりを見出す授業により知識への理解を深めます。さらに一貫した授業により今日学んだことは明日の勉強に活かせる授業がプリスクールから小学校までのカリキュラムにすべて組み込まれております。

くにたちキッズはIB PYP – International Baccalaureate Primary Year Programへの申請に向け、学校として一番大事なカリキュラムの充実に力を入れております。高度な勉強が生徒の精神的な負担にならないように先生たちは工夫を凝らし、生徒がいつの間にか大切なことを学んでいたという授業をくにたちキッズは目指しております。


 

くにたちキッズインターナショナルスクールではではどのような給食が出ますか?

くにたちキッズの給食は学校専属のシェフが毎日調理を致します。アレルギーの有無も事前にお申し付けくださればご対応をさせて頂きます。毎日の給食を完食して欲しいという観点から最初の一皿目は多くはなく、好き嫌いがなくなるように幼稚園までのおやつにも野菜が含まれることもございます。当然、給食もおやつもおかわりが自由ですので、ご家庭でも学校でたくさん食べるようにお子様に一言言って頂ければ幸いです。なお、食育に関するアプローチもお気軽にご連絡頂ければいつでもご返答をさせて頂きます。

お問い合わせ

042-534-9681 (日本語/English)

〒190-0031 東京都立川市砂川町6-3-1